ジャガイモ収穫!

昨日の午後から天気も落ち着いついていたので、今日の休みは午後から離れた畑でジャガイモ収穫。

ジャガイモ14/6/23/1
ジャガイモほりと言えば、一大イベント!!との勝手な思い込みから家族を誘うもテンション低め・・・。
気をつかった長男がかろうじて手伝いに・・。

ジャガイモ14/6/23/2


ジャガイモ14/6/23/3
今年植えた株は18株。1株に3~4個の実付きでした。最悪だった去年よりも大きく育ったジャガイモ君たちに感謝。
前作は大根、前々作はジャガイモ・・・そう、去年と同じウネで育てちゃいました。
うっかりミスですが、うまく育ったと思います。

元肥はなし(忘れてた)。種イモが小さかったのでカットせずにそのまま埋めました。
追肥は途中で油粕1回と草木灰を1回。
土寄せは結構頑張りました。

僕の畑のジャガイモはどんな品種を育てても、不思議なことに花があまり咲きません。
なんででしょ?

ジャガイモ14/6/23/4
ジャガイモ掘っていて、ミミズ君が何匹もあらわれました。
来年はミミズ君を邪魔しないような、土をいじくらずに栽培と収穫ができる方法を考えたいです。

関連記事

ハバネロ栽培キットでの水栽培・・意外とちゃんと育ってる

今日はお休み。
天気もいいし、午後からは離れた畑へ行ってみようかな?
少し時間があるので「ハバネロ栽培キット」の紹介

ハバネロ14.6.22.1
おもちゃ屋さんで購入。種と蓋と粉末肥料。ペットボトルは自前です。

4月に購入して種まき、約2か月経過してこんな感じ。
なかなか発芽せずに、3回目のチャレンジで発芽。
毎週水をいれかえて、粉末肥料を少し混ぜる。
現在背丈が30㎝を超えた位まで育ちました。

ネギ14.6.22.5
根っこの様子も見えるから水栽培も面白いかも。
それにしても葉っぱがきれい。「これは造花か?」と思うほど緑色も形もきれいすぎ。
普段なら絶対使わない化学肥料のパワーは絶大ですね(笑)



このキット。他にトマトやハーブなんかの種類もあって、そこそこ楽しいです。
その中からハバネロを選択したことに家族からは疑問の声・・・。

背丈から言っても、そろそろ花が咲く頃かと。
ちなみに例え実ができても食べたいとは思いませんが・・・。




関連記事

ネキリムシの恐怖

トマト14.6.22.1
庭の畑。
トマトが下の段から少しずつ赤くなり出してきました。
そんな中、ネギを食いちぎっていた犯人を発見しました。

ネギ14.6.22.2
庭の畑のわずかなスペースに20本ほどのネギを育てています。
上の写真のように根元をカジカジされたあとが。。。

ネギ14.6.22.3
Twitterのフォロワーさんに教えてもらった通りにネギの周りを掘り起こしてみたら・・
いました、いました。本当にいました!!!

ネギ14.6.22.4
ネキリムシ・・話にはきいたことありましたが、自分の畑で発見したのは初めて。
今思えば人参が消滅したのも犯人はこいつらだったのかも。
調べてみると、ネキリムシにもいろいろあるそうな。
僕が発見したのは、カブラヤガという蛾の幼虫。イネ科の雑草に卵を産んでいくらしい。
庭の畑はイネ科の雑草が豊富に生えています。
イネ科の根っこは深く土中に入りこむので土を自然に耕してくれると聞いたことがあり、
結構貴重な存在だと思っているので、カブラヤガの幼虫問題は今後も続きそうです・・・。

こいつに狙われると、被害はほぼ致命傷。できれば出会いたくないですね。




関連記事

今日の晩御飯レシピ

今日の晩御飯を作りました。先日、野菜を作るだけでなく、料理もやっていこう!と一念発起。
さっそく、チャレンジしてみました。
大学生の頃に料理屋さんでのバイトで料理経験。独身の時は良くやってたけど、結婚後はまったく・・。
構想1時間、作業2時間の記録です。
ちなみに細かい分量は計ってないのでわかりません。

料理14/6/15/1
一品目 「ニラと豚挽肉のスープ」
作り方:鍋に胡麻油をしき、豚挽肉(150gくらい)をほぐしながら炒めます。バラバラになったら、
     水(たぶん1ℓくらい)と鶏がらを少し入れて煮立たせます。
     ニラをお好み入れて(2、3㎝長さに切る)、煮ながら醤油とか塩で味を調整して完成!
     食べる時にラー油とか入れると大人味になります。

料理14/6/15/3
二品目「ピーマン肉つめ」
作り方:ネタ。豚挽肉(食べる分。写真は300gくらい)、ネギ(みじん切り)、片栗粉、塩、醤油、コショウ、
     酒を適当にいれて混ぜる。
     ピーマンに小麦粉をまぶしながらネタを詰める。
     あまり欲張って詰めると、僕みたいに焼いた際にピーマンから肉と分離しちゃいます。
     後はフライパンにサラダ油をしいて、ネタ面→ピーマン面の順に弱火で蓋をして焼いて完成!!
     余ったネタはハンバーグ風にして同時に焼いちゃいます(子供らにはこっちの方がうけてた・・)。
     ちなみにレタスは庭の畑で栽培してるレタスです。

料理14/6/15/2
三品目「キュウリと豚肉の炒め物」
作り方:タレ。豆板醤、醤油、酒、にんにくでタレ作り。
     キュウリは適期採りたてキュウリはつかいません。そのまま食べた方が絶対美味しいから。
     収穫が遅れて、これヘチマか?ってくらい大きくなっちゃって、処理に困ってるキュウリがベスト。
     おばけキュウリを叩いてへにょへにょにして、手で裂きます。包丁使うより味がしみます。
     フライパンにサラダ油をしいて、牛肉(お好み量)を炒めます。軽く炒めたら、上記のキュウリを投入。
     軽く炒めたら、タレを入れて炒め混ぜて完成!!!

今日は以上3品。野菜はすべて畑から収穫してきたのでゼロ円。お肉だけ購入、700円。

結構楽しかった。方付けはやっぱり苦手。
毎週は無理だろうけど、たまにはチャレンジしようと思いました。
畑の野菜を作った料理。料理本とかは苦手なので、いろいろ考えようと思います。
おすすめがあったら教えてほしいです。






 
関連記事

初年度の失敗のこと

野菜作りを始めて6年目になりました。
今日は最初の失敗について振り返ります。

ふとしたことから2坪ちょっとの家庭菜園を借りることになりました。
もちろん知識・経験ゼロ。野菜を見ても何の野菜なのかも分からないくらいでした。

本屋に行き、誰でも簡単にできる・・・的な本を買ってきました。
トマトにナス、枝豆やオクラを植えました。

まず、本に書かれていたとおりに石灰をまき、そのあと堆肥と化成肥料を混ぜて耕しました。
その後は定期的に化成肥料をまき、雑草を抜いて、自分では一生懸命に世話をしたつもりでした。
化成肥料の量がいけなかったのでしょう。バンバンまいてましたから(笑)
トマトはそれなりにできました。ナスは実が少ししかなりませんでした。
水菜は気持ち悪いほど育ち、枝豆には大量のカメムシがつき実はなりませんでした。
なぜがオクラは実をつけ、その種は今でも繋がってます(畑の端に植えていたのが良かったのかも)

秋にはブロッコリーを植え、また化成肥料をバンバンと。
青虫を殺しながら、大きな実がなりました。これが1年目。

異変は2年目に起こりました。

春先に石灰をまぜ、堆肥と化成肥料を混ぜて耕しました。連作障害もあったのでしょう。
トマトはひょろひょろになり、実はほとんどなりませんでした。
7月になって気づきました。土がガチガチだったんです。スコップをさしてもびくともしないほどのガチガチ。
表面は砂漠のようになり、雑草すら生えてきていないことに・・・。

その年はもう何をやってもダメ。まわりのおじさんが別の区画を用意してくれた程でした。
結局、その菜園はマンション計画とともに閉園となりました。

その後、菜園のおじさんの働きで今の畑に出会うことができました。
あれ以降、化成肥料と石灰は怖くて使っていません。もちろん使い方さえ間違わなければ大丈夫だと
理解はしていますが、素人の僕には怖くて手をだせませんでした。
そんな中で原発事故もあり、市販の堆肥や肥料を買うのも怖くなりました。
安心安全な野菜を自分なりに探すようになっている今にいたります。

庭の畑は実験です。はじめは腐葉土と油かすを混ぜましたが、その後は何ももいれてません。
時間はかかるかもしれませんが、土の力だけで野菜が育つということを実践したいと思ってます。







関連記事

夏の始まり 

今日の離れた畑。Twitterでもつぶやいたけど、眠くなるまで時間がありそうなのでこちらにも。
離れた畑は近所の農家さんに借りている畑。週に一度、畑に行って雑草に囲まれて癒されるが貴重な時間です。
少しでも収穫があれば嬉しくもあります。この春から仲間入りしている野菜を紹介します。

ピーマン6/9
まずはピーマンです。2株です。今日初めての収穫をむかえました。元肥はなし、ここまでは追肥もなしです。
耕してもいません。ピーマン植え付け直前までブロッコリーがきれいな花を咲かせてました。例年、株は大きくなりませんが、それなりに楽しませてくれます。

ししとう6/9
ピーマンの隣にはシシトウを1株。シシトウも今日2個収穫できました。こちらも元肥、追肥はない状態です。
毎年11月頃まで頑張ってくれます。

オクラ6/9
ちょっとごちゃごちゃしてますが、オクラです。唯一野菜作りを始めてから種を繋ぎ続けてます。今年で6代目。
元は野口種苗さんの島オクラです。こちらも元肥はなしです。肥料を少な目におさえると虫の被害は少なくなります。
2本か3本仕立てが好きです。あまり背が高くならないので収穫が楽になるのと、台風がきても倒れにくいと思います。
ちなみにちらほら見えるマリーゴールドは毎年勝手に生えてきます。バジルは去年とった種を蒔きました。ちょくちょくバジルペーストにして活用します。

落花生6/9
こちらは直播した落花生。毎年直播とポットまきを併用してます。直播は鳥につつかれる可能性が大なので。
落花生も去年とった種(まめ)からです。発芽率は正直悪いですが、ぎりぎり種を繋げています。
落花生は背が低いので、草を管理してあげないとすぐ雑草に埋もれてしまいます・・。

キュウリ6/9
最後にキュウリ。今、収穫できているのは新規購入した種から育てました。7月に第2弾苗を植え付けるつもり。第2弾は去年の種を先日、ポットにまきました。発芽率は悪いですが、多めにまいてカバーです。
キュウリは今年は元肥いれました。キュウリの根は浅く広く張っていきます。でもあえて、真下深めに腐葉土と油粕を2層入れます。植え付け直後は水やりをひかえて、根をすこしでも地中深く導くのが狙いです。
根が深く入れば、真夏の渇きにも耐えられる株になってくれる(と思ってます)。
7月前にうどんこが発症してしまうのが、毎年の悩みですね。


以上、離れた畑の仲間たちです。成長に毎週癒されてます。畑にいけない週末は僕にとって最大のストレスです。。。
最後に雑草すごいでしょ。さぼっているわけではなくて故意に残してます。あまり大きくならないように管理すのも結構手間がかかります。安曇野で見た、自然農の畑に刺激を受けてます。



関連記事

人参の種まき

今日、離れた畑へ行って、秋に向けての人参の種を蒔いてきました。このタイミングで蒔くと発芽まで水やりの心配がいりません。
春に安曇野の自然農園で教えてもらった蒔き方を真似してみました。
人参種6/9 1
まず鎌の幅くらいの蒔き溝をつくり、草を刈って表土を削って脇に寄せて、雑草の種をできるかぎり除きます。

人参6/9 2
蒔き溝を3列つくりました。

人参6/9 3
鎌の背中で種の溝を浅くつくって、一粒ずつ願いを込めてまいたら、鎌で軽く土をかぶせます。

人参6/9 4
そしたら、最後の仕上げは足でかなり思いっきり踏みつけます。
踏みつけることで種と土が密着して、地下から水分を呼び込み、発芽まで水分がきれにくくなるそうです。
安曇野ではジャンプして何度も踏み込んでました。

人参6/9 5
最後にもみ殻をまいて完成です。
この先の天気予報は雨続きっぽいので、ちゃんと発芽すると思います。
ダメならやり直せばよいだけです。

そうそう、蒔き溝の肩にマリーゴールドの種をまきました。センチュウ予防になるそうです。





関連記事

雑草の話 その2

梅雨入りと同時に思いっきり降りつづけた雨も一休み。この先の天気予報も期待できませんが。
今日の休みは、離れた畑には行かずに家でノンビリモード。
ここ数日の雨のおかげで、庭の畑はキュウリもトマトも、そして雑草も一気に伸びたみたい。

キュウリ6/8
キュウリは先細り実が少なくなり今週は3本の収穫が。3月にまきすぎたと思われる油粕も落ち着いたのか、濃緑だった葉の緑が薄くなってきましたね。

トマト6/8全体
トマトは相変わらず暴れてます・・・。欠いたはずの脇芽の跡からまた脇芽が出てきたり、花房の先から葉っぱが出てきたり。油粕まきすぎた自分が悪いんだけど、肥料ってすごいですね。

トマト6/8
それでもトマトが青々としてくると嬉しいもんです。

さて、そんな庭の畑。また新しい雑草を発見しました。
カタバミ6/8
これ、カタバミ。僕は最近までクローバーだと思ってたカタバミです。茎が地面の中で育っていくので、扱いが面倒な草ですが、今まで猫じゃらし、オヒシバ(メヒシバ?)、カラスムギなど、ツンツンしたイネ科だらけだったので、柔らかそうな草の発見は嬉しいです。

スベリヒユ6/8
そしてもうひとつ。オクラの足元にひっそり生えてた、スベリヒユです。これは離れた畑にも生えてるので、畑っぽい雑草ではないでしょうか?

前にも書きましたが、庭の隣には貸農園風の畑が広がっており、いろんな種が庭に飛んできているはず。
もっといろんな雑草の種が眠っているはず。今度はどんな草を発見できるか楽しみです。





関連記事

雑草の話

僕の畑は草だらけです。
自宅から離れた畑は、それなりに住宅街の中にありますが草だらけです。
梅雨時に油断すると草群は野菜を覆ってしまうほどです。
草だらけといっても小まめな草刈りをしないといけないので結構手間もかかります。
畑を始めたころは、草はすべて根こそぎ排除することに一生懸命でした。
最初に借りた畑は2坪弱の家庭菜園でしたが、無知で無経験な僕はわずか1年で砂漠状態にしてしまい、
復活させることなく今の畑に移ってきました。その失敗談はまた後日。

せっかく借りた畑を砂漠にしないように・・と考えてました。
そんな中、長野県安曇野の自然農の畑をみて考えが変わりました。
野菜も雑草も仲良く一緒に育っていました。なんと土を耕すこともないとか・・。
100%マネはできないけど、お手本にしようと思って今に至ります。
まわりの畑のおじさん達にとっては迷惑な奴だったでしょう。
でも仕事が忙しくて畑の世話できないんだろうな・・と温かい目で見守ってくれてます。
草だらけでも幸いに怒られません。

さて、今日の本題。
今年3月に開墾した自宅庭。雑草1本生えてこないガチガチの土を掘り起して畑もどきをつくってから約3か月。
4月にはいってようやく生えてきたのは猫じゃらしとドクダミ。
自宅となりは貸菜園になっており、雑草もいっぱい。ハコベやカラスノエンドウも生えてる。
きっとうちの庭にも種が飛来してきてるだろうに、猫じゃらしとドクダミしかはえない。

4月にはいり、マリーゴールドとかハーブ類、5月入ってトマト、キュウリの苗を植えてにぎやかになってきた頃、
昨日、新しい草を発見しましたホトケノザ6/3
こ、これは・・ホトケノザ。なんてことない草だったけど、自宅庭が畑に変わっていく第1歩だと感じましたね。
ふと、そのとなりには、雑草2 6/3
勉強不足な僕は名前はわかりませんが、確かに猫じゃらしではないですよね?
畑への2歩目ですね。

これから、もっともっといろんな種類の草が生えてきてくれるのを楽しみに待ってみます。

今、庭の畑はネキリムシの被害にあっている様子。せっかく良い感じに育っていた人参が残り1株になってしまい、
長ネギの被害も5本をこえました。全部で20本しかない長ネギが・・・。
まぁ、何事も勉強です。今後のネキリムシの動向にも注目です。





関連記事

今の様子

トマト6/2

今の庭の畑です。ちなみに今日は会社休み。猛烈に暑いんで部屋に閉じこもり。
昨日、離れた畑(家から5分ほど離れた20坪くらいの畑)から玉ねぎを収穫してきて自宅の庭に干してあるのを
方付けないといけないけど、暑いので夕方になってから。

庭の畑のトマト(中玉4株とミニ2株)。今のところ順調(やや栄養過多気味)。
購入苗です。ほんとは種から育てたいけどね。
最初の花のすぐ下の脇芽を伸ばして2本仕立てにしてあります。
こんな畑なのに何故栄養過多???
3月に畑作った時に油粕入れすぎたんだろな・・。あれ以来は無施肥できてます。
あと10日くらいで初収穫かな?

キュウリ6/2
こちらはキュウリ。こちらも木の勢いは良い感じ。
2,3本収穫しました。が、いずれも先細りのキュウリ君。
水不足でもないし、栄養不足でもなし。何故か真っ直ぐなキュウリができてきません。。。
現在は2株、これは購入苗。現在追加の苗を2株定植したばかり(こちらは種から)。
足元は雑草マルチで乾燥防止。

オクラ6/2
これはオクラ。オクラは野菜作りを初めてから種を繋いでます。今年で6代目。庭の畑でも順応できるかな?
今のところ、虫に食べられることもなく本葉を増やしてくれてます。

以上が、庭の畑初年度のメイン夏野菜3種類でした。



関連記事

プロフィール

きよみ

Author:きよみ
野菜作りを始めて9年目になりました。自宅近くに小さい畑を借りています。普段は建築会社で働く普通のアラフォー会社員です。
年々野菜作りにはまり込み、自分に合った野菜作りを探しています。楽しく、安心・安全が大前提。動物性堆肥・肥料は怖くて使えません。化学肥料は加減が下手なので放棄してます。肥料は最小限で。収量や大きさも雑草も気にしません。

Twitterもやってます

最新コメント

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

カウンター

最新トラックバック

RSSリンクの表示

検索フォーム